「社会人基礎力をみがく」(火曜日78校時、杉原真晃) 授業の進め方(シラバス177頁参照)

 

 

(1) テーマ

・社会や専門分野で活躍するための基盤となる能力をみがき、そだてる。

・複数ある授業「社会人基礎力をみがく」の中で、本授業では「山形大学」「山形大学生」を知り、

より良い・楽しい大学・大学生活を創り出すことをテーマにします。

 

(2) 目的・ねらい

・課題を発見し,整理し,適切に解決する能力を身につける(課題発見・解決力)

・活動の見通しと段取りをつける能力を身につける(スケジュール力)

・学生同士や関係する人々と適切な知識のやりとりができる(コミュニケーション力)

・適切に自分の考えを伝える(文章作成力,プレゼンテーション力)

・山形大学,山形大学生に興味を持つ,それらに関する知識を得る(興味関心,知識)

・グループワークの進め方を知り,プロジェクトを積極的に進めていく(協調性,主体性)

 

(3) 内容

・山形大学,山形大学生に関係するテーマを探し,発見する。

・発見したテーマにそって,実践的なプロジェクトを企画する。

 (プロジェクトは複数のメンバーによる協働作業とする)

・プロジェクトの企画にそって,プロジェクトを推進する。

・プロジェクトにかかる内容について,グループ内でプレゼンテーション,相互評価,ディスカッション等を行う。

・プロジェクトの進捗状況および最終成果について,グループ間でプレゼンテーション,相互評価,質疑応答等を行う。

・プロジェクトの最終成果の内容およびプレゼンテーションの出来具合を競い合い,トップレベルのグループは,本授業の学生グループ代表として,他授業で行われている同様のプロジェクト代表グループを交えての「プレゼンテーション大会」(仮称)に出場する。

 

 ◇授業の構造

  <授業時間内>

   (1) 社会人基礎力トレーニング

   (2) プロジェクト遂行(社会人基礎力向上の応用実践)

  <授業時間外>

   (3) プロジェクトにかかる活動について、必要であれば各自・各グループで実施

 

◇授業で使用するもの,教材等

・先端学習ラボ(山形大学内教室)を使用する。

・『スタートアップセミナー 学習マニュアル なせば成る!』

・『社会人基礎力をみがく 必携!』

・その他,その都度,紹介する。

(4) スケジュール

1

10/2

オリエン

テーション

・授業概要の説明

・授業選択方法の説明

2

10/9

3

10/16

プロジェクト

の基盤づくり

・課題発見

・グループ編成

・プロジェクトの企画,スケジュール決定

・グループウェアやSNS等を活用した情報シェア

システムの確立

・プロジェクトの企画内容およびスケジュールの修正

4

10/23

プロジェクト

の構想作成

・授業内でのグループ内メンバー間の活動

  ・プロジェクト進捗状況報告(プレゼンテーション)

  ・プロジェクト実施にかかる意見交換

  ・プロジェクト構想発表(後述)の資料づくり

・授業外でのグループ内メンバー間の活動

  ・情報シェアシステムを活用した情報シェア,

コミュニケーション

・授業外での教員との活動

・プロジェクト構想発表に向けた打ち合わせ

・打ち合わせのためのアポイントメント

5

10/30

プロジェクト

構想発表会

・各グループのプロジェクトの内容,目的,方法,

スケジュール等の発表

・発表後の質疑応答,相互評価・意見交換

6

11/6

|

9

11/27

プロジェクト

の実施

・授業内でのグループ内メンバー間の活動

  ・進捗状況報告(プレゼンテーション)

  ・プロジェクト実施にかかる意見交換

  ・プロジェクト遂行

  ・中間プレゼンテーション(後述)の資料づくり

・授業内でのグループ間の活動

  ・グループ進捗状況の報告

  ・質疑応答,相互評価・意見交換

・授業外でのグループ内メンバー間の活動

  ・情報シェアシステムを活用した情報シェア,

コミュニケーション

・授業外での教員との活動

  ・グループ面談

  ・グループワーク研修,リーダーシップ研修

10

12/4

中間プレゼン

テーション会

・プロジェクトの成果発表

・質疑応答,相互評価・意見交換

11

12/11

プレゼンテー

ション向上会議

・成果発表のプレゼンテーション方法の吟味

・プレゼンテーション資料・方法のバージョンアップ作業

12

12/18

最終プレゼン

テーション会

・バージョンアップ版プレゼンテーションの実施

・相互評価,優秀プレゼンテーション(代表)の選定

13

1/10

プレゼン

テーション大会

2013110

13:00

・他の「社会人基礎力をみがく」授業の代表同士での

プレゼンテーション大会

・相互評価,優秀プレゼンテーションの選定

14
|

15

総括

・プロジェクトの振り返り

・学び・成長の振り返り

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(5) 成績評価の方法

・成績評価基準

以下の観点について評価します。

・プロジェクトがどのくらい進捗したか

・成果はどの程度か

・プレゼンテーションがいかにうまくできるか

・レポートがいかに質の高いものとなっているか

・方法

以下のものを評価の対象とします。

・プロジェクトの内容、成果

・最終プレゼンテーション

・最終レポート

 ※授業期間内に小レポートを数回、提出していただきますが、それは成績評価の対象にはいたしません。

※期末・中間等のテストは行いません。

 

(6) 科目の位置づけ

・「スタートアップセミナー」の応用・実践編として開講されます。

・基盤教育院教養科目関連の全教員が統一された方針の下でそれぞれの専門性を活かしながら開講する授業です。

・それぞれの授業から選ばれた学生が集い、プレゼンテーション大会を実施し、全体の最優秀賞を選定する機会も設けます。

・卒業までの大学生活、就職活動、卒業後の人生に必ず役立つ経験が得られるでしょう。

 

(7) 履修方法(授業選択方法)

・他の「社会人基礎力をみがく」の授業のガイダンスを一通り受けてみて(ビデオで見てみて)、

・履修したい授業(第一希望,第二希望)を決定し、

・仮履修届に「第一希望」「第二希望」を書き,

・希望を書いた仮履修届を学生センター教務課に置いてある投票箱に提出する。

・提出期限は、109日(火)正午。発表・掲示は914時までに行う。